|

エアコン掃除を徹底解説!自分でやる?プロに頼む?違いが分かるスマート掃除

2021年11月24日

aircon-post01_1-e1637747982896
お家のエアコン、お掃除していますか?夏に「クーラー」として冷房を使っていた過去とは違い、現在はエアコンの機能が進化して、冷暖房だけでなく除湿や除菌運転、湿度のコントロールや空気清浄など多機能になり、1年を通してエアコンを使うようになりました。使う機会が多くなると、当然エアコンは汚れるためお掃除が必要になります。

今回は、そんな普段の生活にかかせないエアコンのお掃除を、プロの知識をもとに賢いお掃除方法を紹介いたします。


やらずにいられない!エアコンを掃除した方がいい理由

エアコンは壁の高い位置についているため、汚れが目につきにくく、ついついお掃除をし忘れるという方も多いのではないでしょうか?しかし、汚れは着実にたまっていきます。目に見えなくてもお掃除した方がいい理由は次の3つです。

①やっぱりカビは発生する
エアコンで冷房を使うと、「熱交換器(アルミフィン)」と呼ばれる部分がキンキンに冷やされます。そこに部屋の暖かい空気を通すことで、エアコンから冷された風が室内に送り出されますが、同時にエアコンの中で結露が発生します。氷の入ったグラスに水滴ができたり、室内と外気温の寒暖差で窓に結露ができるのと同じ現象です。

②効きが悪くなる
熱交換器は、数ミリの板状のアルミが、数ミリ単位の間隔をあけてずらっと並んでいます。この隙間に風を通して、冷やしたり暖めたりしていますが、隙間がホコリやカビなどの汚れで詰まっていると吸い込む力が弱くなったり、熱交換もしにくくなります。すると、これまで快適と感じていた、風量設定や温度設定では同じ快適さが得られないため、余分な電力が必要となります。

③カビを部屋の空気中に排出して循環する
エアコンは換気扇のように外に空気を排出したり、外から空気を取り入れているわけではなく、室内の空気を吸ってはき出し、室内の空気をぐるぐる循環させています。エアコンがカビで汚れている場合、一般的にはエアコンを10分つけると数百から千個ぐらいのカビの胞子が吹き出すといわれています。エアコンを汚れたままにして使用すると、知らないうちにカビの胞子を含んだ風をあびてしまっているかもしれません。


お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop