ガスコンロの頑固な汚れの落とし方

2020年12月20日

52042AAD-DF7F-4112-864B-876EFFF91874
油汚れやコゲで汚れやすいガスコンロ。台の部分を拭く前に、五徳や受け皿など、取り外せるパーツは外しましょう。汚れの見落としがなくなります。外したパーツはまとめてつけ置きすると効率よくお掃除ができますよ!

<用意するもの>
・ゴミ袋2枚
・タオル
・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤の粉末タイプ)
・プラスチックカードかプラスチック定規
・スポンジ

<お掃除の手順>
(1)外した五徳や受け皿などをゴミ袋に入れる
415F54CC-F073-4B07-AB44-44465485DC2B
まずシンクを傷つけないように、タオルを敷いておきます。
F908622C-D402-419E-8620-F8EEDA094964
ゴミ袋が破れないように2枚使用します。
袋2枚を二重にし、中に五徳など外したパーツを入れます。

(2)過炭酸ナトリウム、お湯を入れる
78A4DDF1-1FBE-4A05-A582-43200AC7F31A
過炭酸ナトリウムを100g程度入れ、40~50℃のお湯を注ぎます。
F00136D6-141C-4B07-A400-C0DFF0489C9B
お湯の温度40~50℃というのは、過炭酸ナトリウムの反応が高くなる温度。給湯器で温度設定すると分かりやすいです。

(3)つけ置きする
0E78D7F5-AA5F-4090-9493-0B56521534AA
できるだけ中の空気を抜いて、しっかりと袋を縛ります。
10~15分ほどつけ置きします。
474CC535-1D1C-4D21-A1DA-7B78454059F5
過炭酸ナトリウムが反応し始めると、プクプク泡が出てきます。

(4)取り出して擦る
F2D7651E-16ED-4326-B5EE-FB962E29E0C2
袋から五徳を取り出し、残った汚れはスポンジで擦ります。焦げなど固い汚れは、プラスチックカード(いらなくなったポイントカード)を使って、汚れを削り取ります。

(5)水洗いし乾拭きする
C8E96F81-66E8-494C-8AC7-CBC90C4C1651
キレイに水ですすいで、乾いたタオルで拭いたら完了!
お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop