|

自分でできるエアコン掃除

2021年11月27日

aircon-post01_20-e1637966806741
エアコンはほとんどの部品がプラスチックでできています。強い洗剤を使用すると素材を傷めるおそれがあるため、洗剤を使用しなくてもキレイになる場合は洗剤は使用しないようにします。拭き掃除や水で落ちない場合は、中性洗剤(食器洗い用でOK)を使用してお掃除します。

エアコンの中はいったん汚れると、自分では手出しができなくなるため、汚れの入り口を中心に掃除するとよいでしょう。今回は、吸い込み口とエアフィルターのお掃除方法を紹介します。


・吸い込み口
①針金ハンガーを細長く引き伸ばします。
②古着またはストッキングなどをかぶせます。
③ハンガーの先を曲げます。
④折り曲げた部分で吸い込み口を掃除します。

aircon-post01_21-e1637966929669
・エアフィルター
①前面パネルを開き、掃除機でエアフィルター表面の汚れを吸い取ります。
②フィルターをそっと外し、洗面所またはお風呂で洗います。フィルターは内側から、シャワーをあて水圧で汚れを落とします。外側からシャワーをあてると、網目に汚れが入り込み、取り除きにくくなります。
③水洗いで落ちない汚れ、フィルター表面を触るとペタペタする場合は油汚れがついている可能性があるため、中性洗剤をかけ、やさしくブラシで洗い、水でしっかりとすすぎます。
④タオルでしっかりと水分をふきとってから、フィルターを取り付けます。濡れているとカビの原因になるため乾いてから取り付けます。

お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop